失敗にも費用がかかる

弁護士に債権回収の依頼する場合で注意しないといけないことがあります。それが成功失敗に限らず料金が発生する場合があるという点です。その点に注意して依頼をするようにしてください。

債権回収に成功すればその分のお金が返ってくるでしょう。そして弁護士に依頼をするということは料金がかかります。ですから、終了した時点で支払を必要とします。しかし、失敗した場合債権回収の金額は戻っていきません。ですが、弁護士の依頼料は発生するので注意です。

あくまでも弁護士に依頼をしたということでその分の料金が発生します。また、債権回収の場合は方法によって料金も発生することがあります。ですから、失敗しても料金を支払う必要が出てきます。しかし、基本的に弁護士に相談をすることで成功率は素人がやるよりも圧倒的に伸びますので、成功することが多いです。失敗した場合のことも考えて依頼をすることをおすすめします。

また、法律事務所によっては失敗した場合ある程度料金を安くしてくれるというところもありますし、他にも相談料や着手金が無料で、回収が成功した場合のみ報酬が発生する成功報酬型の債権回収の弁護士費用プランを設けている法律事務所もありますので、保険としてそのようなところを利用するのも良いです。できるだけ成功するためにも証拠や勝てるだけのものを用意しておくことをおすすめします。そうすれば、問題なく弁護士の依頼料を渡すことが出来るでしょう。

債権回収の方法の費用

債権回収を行う方法が幾つかあります。そして、その方法によって弁護士の費用が異なりますので注意です。また、弁護士によっても異なりますのでその点に注意して利用するようにしてください。

まず、債権回収の方法についてですが、簡単に説明すると催促する、調停を使う、訴訟、強制執行と言ったやり方をすることが出来ます。比較的簡単でお金がかからないのが催促ですが、これはその分成功率が低いです。この段階で回収できるなら苦労することはないでしょう。そして、強めなのが訴訟や強制執行となります。どちらもかなり強制力が高く成功率がそこそこです。しかし、その分だけお金がかかることを覚悟してください。このように方法によって値段が異なります。

次に、基本的に債権回収は段階で行われるものですから、一つの方法で済ませるということは難しいです。ですから基本的に2つ以上、場合によっては全部使用する(あまりない)場合もあります。そして本題ですが、料金はそれぞれで徴収されます。要するに2つの方法で回収を行う場合、2つ分の料金がかかることがあります。ただし、弁護士によってはまた変わった方法をしている場合がありますが、基本的には料金が取られます。故に、安く済ませたいなら最小限の方法で済ませるのが良いでしょう。

最終的な金額については弁護士の方と相談をすることで多少金額が変わることもありますので、しっかりと話し合うようにしてください。しかし、通常は弁護士を使うということはそれなりに料金がかかると思って利用するようにしましょう。

弁護士の費用について

弁護士に債権回収の依頼をする際にかかる料金は弁護士によって異なります。それについて簡単に説明していきますので参考にしてください。特に弁護士を選ぶ際にどうすればよいかを考える時に必要になります。

弁護士にかかる費用と言うのは上記でも説明したように様々あります。部分的なサービスは無料で利用出来るところもあれば、条件付きで金額が変わるという弁護士もあります。ですから、債権回収の依頼を弁護士にする場合はどのような料金設定であるかを確認するようにしてください。

料金として発生するのは相談、着手金、債権回収方法、成功報酬などの金額となります。方法については今回説明しません。様々なパターンがありますので別で紹介をしていきます。まず着手金は10万から30万円と言った値段になります。平均的には20万というところも多いですが、弁護士によって異なります。弁護士によっては無料の場合もあります。次に、成功報酬ですがこれは依頼に成功した際に発生する料金で債権回収方法とセットで考えられるものです。成功しなかったら支払う必要がないというところもあります。

相談料金が弁護士によって異なります。1時間1万円や30分5,000円と言った料金設定をしている弁護士もあれば、相談だけなら完全無料、1時間までは無料と言った料金設定を行っているところもあります。

このように弁護士の費用が異なりますのでしっかりと調べたり、聞いたりしてから依頼をするようにしてください。

債権回収はいくら?

債権回収を行う際に当事者自身が回収できないわけではないですが、正直なところとても難しいです。それにやり方によってはよく考えて行わないとあまり効果がないことがあります。そこで弁護士です。当サイトでは弁護士に債権回収を依頼した際の費用について紹介していきます。ただし、費用は様々なものがありますので最終的には依頼をする弁護士に直接聞くようにしてください。

基本的に弁護士に依頼をする場合費用は弁護士によって様々あります。というのも弁護士の料金は弁護士自体が決めることが出来るという特性上値段の設定が様々です。と言っても法外な料金になるというわけではないので安心してください。

基本的な費用としては、相談料金、着手金、成功報酬、方法による報酬などの費用がかかると思ってください。特に着手金や方法による報酬はやり方によって異なることがあります。弁護士によってかなり異なりますので注意です。それぞれの料金がかかりますので、しっかりと全部の料金がどのくらいかかるかを知るようにしてください。

弁護士の料金によっては無料でしてくれる場合もあります。もちろん、本格的な依頼の場合は依頼料が必ず発生しますので、それは忘れずに支払いをするようにしてください。間違っても弁護士に依頼をして自分自身が債権回収を行われる状態になるということは避けるようにしてください。

このように債権回収のために弁護士に依頼する場合は弁護士の料金を知るようにしてください。その弁護士によって異なりますので注意です。